読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生、こんにちは。(このクソ野郎!)

先生と私の日々を綴るドキドキブログです

【2015/10/16】ゼミで圧倒的成長(2)

発表の準備(勝ったな!)

前回のあらすじ:初回のゼミで3年生にも関わらず発表の準備を言い渡されちゃった!これから私、一体どうなっちゃうの~~~!?

 

とりあえず先輩さんに助けを乞う。

先輩さん「僕も去年同じこと言われて発表したよ。スライドあげようか?」

アザーーーーーーーーーーーーーーーーース!!!先輩さんマジリスペクトッス!!!一生ついていきます!!!!!

先輩さんから話を聞いたところ、3年の間は同じ本のレビューを全3回に渡ってゼミで発表したらしい。ということは……先輩のスライド(3回分すべて貰った)を流用するだけの簡単なお仕事なんですか!?ヤッター!!

スライドを軽く書き換え、余裕綽々で帰宅した。更に翌週には第2回分も用意しておく超先回り戦術。我が軍に死角はない。

発表当日(シクヨロ~)

いよいよゼミ発表当日。少人数とはいえ初めての発表なので、私は少し緊張していた。しかし始まってみればなんということはなく、存外あっさりと終わった。メンバーからの質問も私個人にとってどの分野が興味深かったかを問うものが中心で答えやすかった。ナンプさんからの質問は英語だったためよくわからなかった。

何はともあれ無事発表も終わったし、この調子で3年後期のゼミは乗り切れそうだと安心した。

 

奴はその瞬間を狙っていたのだ。

今後のゼミ日程(Kは二度死ぬ)

この日の発表者は先輩さんと私の2人だった。発表後は例の如く先生からのアナウンスである。先生はゼミの日程表(胃痛さんが作成)を見ながらこう言い放った。

教授「Kくん、発表の回数少ないね。もうちょっと増やそうか」

ふーーーーーーーーーーーーーーーーーーーう……。

いきなりとんでもないことを言い出したぞこいつ。先輩さんのときより回数増やせってお前……もうアホじゃん。ゼミ終了後に先輩さんにこのことを愚痴ったところ、

先輩さん「去年は院生が2人いて発表のローテーションがちょっと緩かったんだけどね。今年の院生は1人(しかも9月入学)だから、K君の発表回数が多くなっちゃったんだと思う」

とのこと。いやいや、そのシステムだと人数が少ないほど学生一人当たりの負担が増えるんですが。毎回スライド作る時間、絶対無駄でしょ……。

しかし、教授の暴走はこれだけに止まらなかった。

教授「あ、それとK君は次回から論文のレビューを始めてくれる?この本の説明は今回だけでいいよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

次回分の資料、作ってたんだけどなぁ………(泣)。先生の隙を生じぬ二段構えに、私は完全に屈したのであった。