読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生、こんにちは。(このクソ野郎!)

先生と私の日々を綴るドキドキブログです

【2015/12/21】アメリカからの刺客

英語力の高まりを感じる…(感じない)

英語が喋れないのに英語での対応を強いられる鬼イベントも過ぎ去ったある日、私はまたしても先生から呼び出しを受けた。

教授「今度、アメリカからここの研究室にジョンって人が来るんだよね。それで、空港からジョンが宿泊する施設までの案内を頼めるかな」

もう…勘弁してくれ……(泣)。

教授「彼も日本語は喋れないけど、前にイギリスの先生も案内できたし大丈夫だよね」

大丈夫じゃないです(憤怒)。

初めましてジョン先生(日本語で…日本語で…)

例に漏れず、先輩さんも胃痛さんも忙しいようで私にお鉢が回って来たらしい。最近、自分が学部生であることに疑問を覚えているんだが。これが普通なのか……?

当日、到着予定の30分ほど前に空港へ着いた。暇を持て余していると、先生からメールが来た。ジョン先生の到着が1時間ほど遅れるらしい。

う~ん、幸先の良いスタートだね。

しかし待ち時間が増えただけでジョン先生とはすんなりと合流できた。

合流はできた。

ジョン先生「Hello! Nice to meet you! ペラペラ(すごく早く喋ってる)(理解不能)」

私「な、ないすとぅ~み~ちゅ~(引き攣った笑み)」

いきなり飛ばしてきやがる…これが本場のマシンガントークってやつか…!

早々に匙を投げて先生へ電話した。

行くぜ宿泊施設(やらかしたぁ~)

何を言ってるかはさっぱりだけど、先生とジョン先生の電話が終わったので移動を開始した。

ここで私は大きなミスを犯してしまう。

空港からの移動は電車なのだが、特急ではなく鈍行の電車に乗ってしまったのだ。というか、特急券を買うことすら忘れていた。ジョン先生の話す英語が全く理解できず、かなりテンパっていたのだと思う。

今になって思い返してみると、切符売り場でジョン先生が「乗車券しかないけど、特急券買わんの?」的なことを言っていた(ジョン先生は過去に1度日本へ来たことがあるらしい)。私は全然理解せずに「OK、OK!」と言っていた。アホである。

結局、宿泊施設に着いた時には夜10時を回っていた。

ジョン先生、本当に申し訳ありませんでした。

蛇足

ジョン先生をなんとか宿泊施設に送り届けた折、先生へその旨を電話で報告した。

教授「ずいぶん時間かかったね。何か問題起きた?」

私「いえ、特急ではなく鈍行に乗ってしまって…すみません」

教授「え…特急知らなかったの?早い時間に出発するからって鈍行乗っちゃったら特急より時間かかるんだよ?わかる?」

うるせーーー!じゃあテメェで迎えに行けやクソがーーーーーーーーー!!!こちとらテンパっててそんなとこまで気が回らんかったんじゃーーーーーーークソクソクソがーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

と思いつつも、鈍行に乗ったのは事実なので言い返せないのであった。