先生、こんにちは。(このクソ野郎!)

先生と私の日々を綴るドキドキブログです

【2016/4/3-】調査

調査…それは死。

外に出よう(無理)

私の所属する研究室では大学から車で1時間程度で行ける地域を対象に野外調査を実施している。私の研究テーマには一切関係ないが、同行させられる。以前も述べたが、月~金まで授業を入れたいと言っても調査に行くための曜日を設けさせられた。とんだ機会損失である。

fuckprofessor.hatenadiary.jp

とにかく、4月から調査がスタートした。研究室のバイトもあるし、ゼミの準備もあるし、そこに更に調査となるとなかなかハードだ。しかもこの調査、めちゃくちゃ疲れる。道なき道を行く感じで、荷物も多い。春頃はまだ良かった。最悪なのは夏だ。調査はいつも作業服を着る(当然のように自腹で買う羽目になった)。これが暑くて仕方がない。調査後にはいつも汗だくだった。時には脱水症状っぽくなったこともあった。ただただつらい。つらいのに、研究テーマが異なる私は調査に行ったところでなんのメリットも得られない。調査中は事あるごとに教授からダメ出しが飛んでくる。そのくせ自分がミスをすると言い訳をする。体力的にも精神的にも苦痛でしかなかった。

機材の調達(それ私がやる必要ないですよね)

調査に関連して、調査器具・機材の調べものもさせられた。完全にただの雑用だ。調べた通り報告しても「本当かなこれ」などと平気で抜かす。もちろん、後でやっぱりこちらが正しくても謝罪は絶対にしない。勝手に納得して終わりである。

テメーでやれクソ野郎と何度言いたくなったかわからない。

いろんな経験(学生はボランティアか?)

教授は雑用を押し付けるとき、大抵「君のため」「何事も経験」などと言って自分の頼みを正当化する。研究室に所属する以上は雑用を頼まれることもあるだろうが、そういう発言をされるとただただ恩着せがましく感じてしまう。また、経験とは言っても頻度が余りに多すぎると個人的には思う。先輩さんの時も研究以外の雑用が重なって進捗が止まっている時期もあった。雑用の多くは秘書でも雇えば解決するようなことで、なんで学生にやらせるんだろうと思ってしまう(実際、ほかの研究室では秘書や助教を雇っているところが多く、そこの学生は雑用を頼まれることはほとんどないと聞いた)。本当に「学生のため」を考えているなら、研究活動に専念できる環境にしてほしいと願うのは、ワガママなのだろうか?